FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老犬と暮らす・・・196回目

おひなさま

ももが旅立って1カ月が経ちました。

直後は、平然と暮らしていたつもりでしたが
実際はペットロスで、ブログの更新も、手掛けている老犬介護の本も
全然できず。

老犬に関するものを読むと号泣してしまう
自分でびっくりするくらいの症状です。

赤坂

ブログを介して知り合った老柴介護仲間と
赤坂の神社にももの御礼まいりに行ったり
仕事の環境を変えてみたり
いろいろ努力はしていますが
20年一緒だった娘がいないと言う現実は
本当に過酷なものでした。

もも子どもの頃の背中

一緒に暮らし始めた中目黒のマンションから
最期の場所となった湘南の古びた一軒家まで。

私の人生の20年をともに過ごした大切な命を
考えない日はありません。

それでも前を向いて歩いていかないといけない。

私の介助が必要な年老いた両親が、現実問題として目の前にいるし
もものことを思って企画した老犬介護の本もちゃんと出版したいし・・・

そんなとき
NHKの関係者の方にお声がけいただき
老犬の看取りについてラジオで話しをする機会をいただきました。
内容は老犬ホームがメインでしたが
こうした内容を取り上げていただけるだけで
ありがたいと思います。

ももから教えてもらった
犬と寄り添い、犬と生きることの素晴らしさを
ちゃんと伝えることが
残されたものの役目でもあると
そう思えるようになりました。

ももに再び会う時に
胸をはっていられるように
3月3日土曜日をもって
メソメソするのからは脱出です。

私に腕が覚えている
もものあたたかさや、ももの鼓動を支えに
頑張ろうと思います。


MOMOTO.jpg

たくさんのメッセージ
本当にありがとうございます。
ももがつないでくれたご縁を大切に
老犬介護、これからも学んで行こうと思います。



スポンサーサイト

コメント

No title

今となってはいい思い出になりましたが、わたしもプキがいなくなってからの1年ほどの記憶がありません。
ただひたすら、やりたいと思える気力もなにもなく、ぼんやりしていました。
やはり引き上げてくれたのは、声をかけてくれる友達の存在でした。
ゆっくりと徐々に時がたち、季節が流れるのに身を任せる時期が必要なこともあるのかもしれませんね。

2018/03/03 (Sat) 16:29 | 犬山ハリコ #- | URL | 編集
かなん さんへ

かなんさんへ

こんばんは😊

いつも
かなんさんとももちゃんの事を応援してますね。

ももちゃん、何時もかなんさんの事を見てくれていると思います。
かなんさんと出逢った時からずっとそうだった様に、今も。

かなんさんの、これからのお役目
ももちゃんから渡されたバトン
しっかりと握って
みなさんに伝えていって下さいね。

ラジオで話されていた時も、しっかり
ももちゃんと二人三脚でしたよ。

応援してますね。
がんばってくださいね👍☺️


2018/03/03 (Sat) 22:36 | 恋ママ #- | URL | 編集
No title

読んでいて、私もウルウルきます
寂しさは、どうしようもないです
あの当時の日記を読むと、絵留に対して思うことは、2年以上経っても変わりはないです
私は、次女と巡り合ったので、肌恋しいことは無くなりましたが、明夢に対して、絵留の身代わりみたいなことをしていると、ふと思ってしまうことがあります
長女は、永遠不滅なんです(^^)

2018/03/04 (Sun) 15:03 | りん子 #- | URL | 編集
犬山ハリコさんへ

コメントありがとうございます。

ブキちゃんの本を手にして
老犬介護に目覚めた私が
こうして作者である犬山さんに声をかけていただけることで
ももは「おかあさんよかったね」って笑っているような気がします。

もものことが良くわからなくなった時期
半泣きで犬山さんの本を読み
何度も何度も立ち直ることができました。

今もあの頃はよかったなって思いながら読んでます。

老犬介護に困る人はたくさんいて
私なんかかなり恵まれた場所で仕事をしていたので
きっとできることはたくさんある・・・と
ももからお尻を叩かれている気がしてます。

少しずつ少しずつですが
頑張ろうと思います。

本当にありがとうございます。

2018/03/05 (Mon) 10:17 | かなん #- | URL | 編集
恋ママさんへ

おはようございます。

ありがとうございます。

いまも、ももと二人三脚なんですが
それがより強まったような気もしていて。

ラジオの時も
放送事故にならなかったのは
頑張れって、ポケットのなかでももが
エールを送ってくれたからだと思います。

がんばります。

2018/03/05 (Mon) 10:19 | かなん #- | URL | 編集
りん子さんへ

おはようございます。

経験して初めて分かること
経験して、はじめて自分の知識の浅さに驚くこと

いろいろな学びを、ももから教えられている毎日です。

寂しいです。
それは間違いなく寂しい。

ヒトといれば平気だけど
家に帰ると
もう何も手につかない。

これがあとどれくらい続くのかと思うと
暗澹たる思い・・・

でもね、がんばらなくちゃね。もものためにも。

2018/03/05 (Mon) 10:20 | かなん #- | URL | 編集

本当に失った後の喪失感は半端ないですよね😣
私は18年かなんさんは20年の尊い時間…
何年も付けてた家計簿もさくらの介護が大変になってきた夏頃から出来なくなりました
虹の橋を渡ってからは何にもやる気が出なくて😢
冬のひとシーズンが過ぎようとしている💦
かなんさんの力を貰ったハリコさんの本も買って読んで、ホタパパさんの幸せ記念日も買って読んで
参考にしながら頑張りましたがお別れの時は来てしまいました😢
後悔が無かったと思うには短い介護生活で
5年日記の去年の今頃は「さくらの足が弱って来てる💦」とか「夜鳴きして睡眠不足💦」とか…
1周忌までは去年のさくらを思い出す辛い日々なんだろうと思ってます。
4月からは長く休んでいた家計簿を付け始めようと思っています😊
さくらの餌、さくらのオムツはもう書くことが無いけど頑張ろう❗
いつまでも泣いてないでねって虹の橋でさくらが心配してるから
かなんさんも頑張ってくださいね✋

2018/03/05 (Mon) 22:04 | #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

おはようございます。
ありがとうございます。

たぶん、ずっと引きずるんだろうけど
頑張るしかないのかなって思っています。

うちは母のペットロス対策のため
彼女のパートナーになるわんこを
たぶん迎えるのですが
それで日常は忙しくなっても
ももではないことに、どう向きあえるか。

そこが悩ましいです。

2018/03/06 (Tue) 08:31 | かなん #- | URL | 編集
私も・・・。

私も家の子が虹の橋を渡って1年半が過ぎましたが全く、立ち直れずに居ます。
いつも愛犬を思い。思い出して涙・・・。の毎日です。
でも、いつも、何処へでも一緒‼️って感じはあります。
ペットロスって一言だけでは・・・。片付けられませんよね。
ももちゃんのママのお気持ちは凄く凄く分かります。
これからも宜しくお願い致しますね。
ももちゃんのママと一緒って感じで。


2018/03/06 (Tue) 14:36 | 茶茶ママ。 #- | URL | 編集
Re: 私も・・・。

茶茶ママさんへ

実は、本当にペットロスになるとは思っていなくて
「やれることは全部やった」はずだから。

でもたった1日しか看病させてもらえず
もう少しお世話したかったです。

寂しいですね。

2018/03/06 (Tue) 19:28 | かなん #- | URL | 編集
はじめまして

はじめまして。ツイッターからブログにお邪魔しました。ももちゃん天国へ行ったのですね。抱かれて最後の時を迎えたももちゃんは、本当に幸せな犬生だったと思います。私も老犬のママです。里親になり、我が家に来てくれたワンコは年齢が分からずです…が、現在高齢ではあります。なのでついお別れの時を思ってしまい、心がぎゅーっとなります。私も最後の時、そのようにしてあげられるか自信が無いですが…(大泣きしてしまいそうで)でも、私も、ももちゃんのママさんと同じく抱きしめてあげたいと思います。
少しずつ暖かくなりそろそろ桜も咲きそうですね。ももちゃんのママさんもゆっくり心をほぐしてください。
ももちゃん、近くにいると思います。
足もとで笑ってると思います。

ゆっくり、元気になってください。

老犬介護の本、私も老犬のママなので、いくつか読みました。とてもためになります。老犬介護は初体験で、手探りでしたので本はとても頼りになりました。ももちゃんママさんが本を出してくださったら助かる方沢山いると思います。

犬とのかけがえのない生活も、ぜひ皆に体験してもらいたいですよね。
私も1人と1匹で暮らして来たので、るるが私の全てです。里親として迎えた時はこんな気持ちになるとは思っていませんでした。今では、るるとの人生が何よりもの宝です。ももちゃんとももちゃんのママさんも強い絆で結ばれていてステキです。

ステキな絆を見せてくださり、ありがとうございます。


2018/03/15 (Thu) 23:49 | ちゃんるる #- | URL | 編集
ちゃんるるさんへ

こんばんは。

コメントありがとうございます。

私も両親を引き取るまでは、ももと二人きりだったので
ももがいなくなったらどうしよう・・・と漠然と考えることが多かったです。

でね、長い旅に出ようとか、いろいろ想像しては
そんなことより、もっと長生きするようにすればいいんだって思ったり。

家庭の事情で両親を引き取るために、高齢のももには
本当にいろいろと苦労をかけました。
申し訳なく思っていますが
婆が、本当にももを可愛がってくれたので
許してくれてるかな・・・

毎日が本当に幸せでした。

そんな思いを、老犬飼いの方々と共有できたら・・・と考えています。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

2018/03/18 (Sun) 00:26 | かなん #- | URL | 編集
はじめまして

海老名で13歳の白柴、小雪♀と生活しています。
ももちゃんのことは2年くらい前に知り、コメントこそしませんでしたがいつかうちの子も介護という問題に直面するのだろうと思いながら拝見していました。
ももちゃんの頑張りに陰ながら応援し、さよならしたことに号泣し、お母様の落胆に自分を重ね、小雪も最期までしっかり世話をしようと決意をあらたにしました。
そんな矢先に小雪の食が細り、大好きだったはずの散歩にも行きたがらなくなったので獣医さんに診ていただいたところ細菌が入ったのか、白血球数が極端に高く、肝臓に腎臓までかなり悪くなっているとのことで、ほぼ毎日のようにソルラクトにプレドニン、抗生物質を打たなければならないとのことで通院生活が始まりました。
少しでも回復すれば良いのですが、この先のこと考えると不安もあります。
しかし、13年間一緒に生活してきた大切な家族ですから可能な限り一緒に頑張っていきたいと思います。

2018/04/19 (Thu) 22:44 | 海老名の白い犬 #3lWeOrW. | URL | 編集
Re: はじめまして

海老名の白い犬さん

こんばんは。

小雪ちゃん、通院生活、大変ですね。

ももは、いろいろなところガタピシはしていましたが
積極的な治療が必要な病というのがなくて
なんとなく年をとり
ゆるゆると弱っていった・・・そんな感じだったので
飼い主は、ただただ見守るだけでした。

海老名の白い犬さん。

ご自身の体調にも、気をつけてくださいね。

私自身、ももを失って
摂食障害と睡眠障害で苦しみました。

両親はさらに苦しみ・・・

解決策として
周りの方々に相談し
シニアの洋犬の里親になりました。

また老犬生活です。

こちらのブログ、最後の更新をします。

次のブログは
老犬さんの応援を積極的にするものです。

もしよかったら
そちらものぞいてみてください。

2018/04/20 (Fri) 00:53 | かなん #- | URL | 編集
ありがとうございました

つい先日コメントしたばかりですが昨日夕方に妻の腕の中でゆっくり永い眠りにつきました。
本当に短い間でしたがこちらでの知識を実践して送り出すことができました。
ありがとうございました。
本当はもっと丁寧にお礼を伝えたいのですが今はこれが精いっぱいで申し訳ありません。

2018/04/28 (Sat) 21:36 | 海老名の白い犬 #3lWeOrW. | URL | 編集
海老名の白い犬さんへ


こんばんは。

ご家族のもとで最期まで過ごせたこと
幸せな犬生ですね。

腕の中で愛犬を看取ることができる飼い主さんの数が
どれくらいいるのか・・・
ももが亡くなったことを報告に行ったとき
うちの獣医さんは、「よかったね」って言ってくれました。

3カ月経った今なら
その言葉の重みも理解できるような気がします。

ももを失った喪失感は
新しい犬を迎えても消えることはなく
夜中にももの写真にむかって
ひとりごとのように、1日の報告をしたり。

知らない人が見たら
完全にイカれたおばちゃんですが
犬と暮らし、犬を送った人にしか分からない世界がそこにあると
心の中でひそかに思ったり。

落ちつかれたら
ぜひ新しいブログにもお立ち寄りください。

ありがとうございました。

2018/05/04 (Fri) 02:17 | かなん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。