老犬と暮らす・・・175回目

親父本

もうすぐ3月

ももはおかげさまで、ふつうに食べて、ふつうに眠って、老犬なりに遊んでいます。

同居して5カ月が過ぎた両親は、大丈夫な日もあれば、大変な日もある。

神様が、「介護」のバランスを考えてくださっているのだと、しみじみ思う夜が多いです。

犬の介護もそうですが

人の介護も、日本と海外では考え方が違うことに気が付き

遅ればせながら、介護のありようを学んでみようと、人の介護本も含め

眠れない夜は本を読むことにしました。

そんな飼い主を横目に

掃除前

掃除をはじめても、自分の好きな場所に行って眠るもも。

掃除後

抱っこして運ばれても眠り続けます。

のんびりしているというか、頑固と言うか・・・

お昼寝

ともかくONとOFFのスイッチがはっきりしているおばあちゃん犬。

なんとか桜の花を見られそうです。

・・・・・

先日の放送。
まだネットで見られるようです。



どうぞよろしくお願いします。

スポンサーサイト
Category: 看板犬
Published on: Sat,  25 2017 09:24
  • Comment: 7
  • Trackback: 0

7 Comments

りん子  

家中が、敷物は、老犬の必須アイテムですね(^^)
意思を通すのは、若い証拠(笑)
お花見、楽しみだね(^^)v
人の介護…大変かと…
かなんさん、お体大切に!
ももちゃんの為に(^^)v

2017/02/26 (Sun) 17:52 | REPLY |   

かなん  

Re: タイトルなし

りん子さん、こんばんは。

おじいちゃんに比べたら、ももの世話なんて楽チンすぎる・・・と母は申しております。

うちは認知症なので、やはり大変です。

あたたかくなったら

元気なももと、桜の花を探す散歩をしたいと思います。

2017/02/26 (Sun) 20:41 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/02 (Thu) 10:31 | REPLY |   

元気15歳  

春はもうすぐそこまで

ももちゃん、かなんさん、お元気ですか。
ひな祭りが終わって、春はもうそこまで来ているんだなと実感しました。
ももちゃんの幸せそうな姿を拝見すると
不思議とこちらまで心穏やかになります。
若いころと歳をとってからとでは一日の長さが違うのだと聞きました。
自分もそのことが少しずつ理解できる年齢になってきたような気がします。
介護の本、父の横でわたしもいろいろ読みました。
ユマニチュードというフランスの考え方がとても参考になりました。
かなんさんのことですから、もうきっとご存知かなぁ?

元気もわたしも周りに支えられて頑張っております。
今年は本舗さんの近く石神井川の桜を初めて見ることになりそうです。
かなんさん、おからだ大切になさってくださいね。


2017/03/04 (Sat) 10:20 | REPLY |   

かなん  

Re: 春はもうすぐそこまで

元気15歳さん、こんにちは。

元気くんの調子がよさそうで、ブログを拝見しながらニヤニヤしてしまうことがあります。

素晴らしい方々に出会えてよかったです。

ももは・・・一昨日、夜中に1回「ギャン」と鳴き、昨日は母と留守番しているときに3回。

鳴き方の様子を、ユーチューブで母に見せて検証して
獣医さんと相談し
もしかしたら・・・始まったのかもという結論に達しました。

最期までもしかしたら・・・と期待していましたが
今までが出来すぎだったので
これからまた、家族全員が平和でいられる方法を模索します。

桜の花見

お互いに笑顔で迎えられますように!

2017/03/04 (Sat) 10:55 | REPLY |   

るう  

ももちゃん元気そう!

かなんさん、こんにちは。
もうすぐ桜の季節、ももちゃんと元気にお花見できそうですね!
うちの18歳ゆず君は、認知症が日に日に進んで昼夜逆転がひどく、介護が大変になってきました。
足も弱ってきて、一人では起き上がれず、転ぶ度にワンワン吠えます。
それでも、お肉を美味しそうに食べてくれたり、ちゃんとお庭でトイレをしてくれたり、そんな当たり前で些細な事が嬉しくて愛おしくて。
頑張って生きてくれているわんこに感謝の毎日です。

元気なももちゃんを見るとこちらも元気をもらえます!
桜の花が待ち遠しいですね。
食いしん坊のももちゃんは、花より団子かな??

2017/03/14 (Tue) 18:11 | REPLY |   

かなん  

Re: ももちゃん元気そう!

るうさん、おはようございます。

ゆず君も元気そうでなによりです。

うちも気にいらないことがあると「わん」と教えてくれるようになり
ビビりのばあちゃんは、獣医さんに診てもらえと慌てていましたが
認知症の症状の一つと説明したら
それすら可愛いと言ってくれるようになりました。

大変なことは増えると思いますが
生きる力を信じ、暮らしたいなと思います。

ももの車椅子も準備を始めたので
またご報告しますね。

2017/03/15 (Wed) 08:50 | REPLY |   

Post a comment