老犬と暮らす・・・134回目

P1040322.jpg

飼い主多忙のため

寂しい思いをさせておりますが

ももは元気です。
スポンサーサイト
Category: 未分類
Published on: Sat,  18 2015 10:39
  • Comment: 8
  • Trackback: 0

8 Comments

pam  

こんばんは。

ももちゃん元気で何よりです。

お鼻もつやつや!

元気かな?と心配しておりました。

また更新を楽しみにしています!

2015/04/18 (Sat) 22:46 | REPLY |   

かなん  

Re: タイトルなし

pamさん


おはようございます。
ありがとうございます。
飼い主の仕事がバタバタしており
更新できずにおりました。

お留守番は増えたけど
元気に過ごしてくれています。

2015/04/19 (Sun) 08:56 | REPLY |   

りん子  

お留守番を、過ごせるって、ありがたいですよね
こうしてちゃんと立てているんだもん、凄いことですよ~\(^o^)/
穏やかな顔だし、嬉しいよ~♪
また夏がやってくるし、色々と、かなんさん、対策を考えていらっしゃるでしょうね(^^)v

2015/04/24 (Fri) 13:17 | REPLY |   

かなん  

進化

りん子さん、こんばんは。

ももは最近とてもいい子です。

飼い主に対して期待していないのかもしれません。

春から梅雨入りの時期に毎年体調が悪くなるので
今年はどうすればいいか・・・悩んでいます。

2015/04/24 (Fri) 23:58 | REPLY |   

Cocona  

はじめまして
10歳の柴犬ここなとふたり暮らししています。
腰痛かもしれないということで、関連の情報集めにネット検索していて、たまたまこちらのブログに辿り着きました。
ももちゃん、17歳ですか!
ひとりでお留守番、なんだかここなとダブってきました。
いろいろとありますが、ゆっくり行きたいですね。

2015/05/04 (Mon) 07:42 | REPLY |   

かなん  

Coconaさんへ

はじめまして
コメントありがとうございます」。

ここなちゃん、腰痛ですか?

うちは最初の診断で「椎間板ヘルニア」と言われ
長くステロイドで治療しました・・・というか、痛みが出ないように投薬する日々を
1年近く送り、さすがに心配になり、セカンドオピニオンをもらうために
他の先生を訪ね、変形性脊椎症と診断され
治療方法を変えました。

ももがしているコルセットは、薬を飲まずにいられるように
獣医さんと相談して装着しています。

うちの犬には合っているのか、もうずいぶん痛みどめを飲んでいません。

今は情報もたくさんある分
迷いますよね。

ここなちゃんにあった治療方法が見つかるといいですね。

これからもどうぞよろしく!

2015/05/04 (Mon) 20:35 | REPLY |   

Cocona  

犬の腰痛はヘルニアです、と言われました。
違う事もあるみたいですね、ネットサーフィンで情報集めしている時に、そういう意見もありました。
ももちゃんも違ったんですね。良かったですね!良い先生と出会えて。
じっくり診てもらい様子をみてセカンドオピニオンももらうようにします。ステロイドの長期治療は少し気になります。
飼い主の考えを理解してくださる獣医さんと出会えればいいのですが、、、良かった先生がお辞めになったので、ちょっと不安ですが、ここなの為頑張ります!

ブログ、ずっと遡って読ませて頂きました。
ここなも、ももちゃんのように生きて欲しいです。
かなんさんのように出来るかわかりませんが、とても参考になり、心強いです。
これからもどうぞよろしくお願いします。

滅多に更新しなくなったブログですが、URLを入れましたのでお時間ある時にでも覗いてください。

2015/05/05 (Tue) 19:59 | REPLY |   

かなん  

獣医さん

Coconaさん
獣医さん選びは難しいですよね。
私は、ももが「脂肪種」の手術を大学病院でしたあと
術後の管理ができる先生と言うことで、何人かご紹介いただきました。
その後、会って話をして
厳しいけれど、飼い主の心を第一に考えてくれる先生にお願いすることにしました。

なぜ「イヌが第一ではないか?」

当然、獣医さんなので診察に手抜きはしていない・・・と信じた上で

私の話をちゃんと聞いてくれる先生。
飼い主のライフスタイルを説明して
治療方針を相談したかったのです。

なんせ私以外に家族はいないので
それに働かないと治療もできないし・・・

おかげさまで、とてもいい先生と奥さん先生に出会え
私自身が安定した精神状態で、
ももの病気と向き合うことができるようになりました。

今も月に3度は先生のところで健康チェックをお願いし
「急変」することがないよう注意しています。

Coconaさん、後悔は多いですが
これ以上後悔することがないよう頑張るのみです。

飼い主がしんどくない老犬生活
目指しますね!

2015/05/05 (Tue) 21:49 | REPLY |   

Post a comment