老犬と暮らす・・・110回目

蜀咏悄

火曜日の朝です。

起きようとして「キャン」と小さく鳴いて

へたりこみました。

ただそのあとはヨタヨタと歩いて食事も食べたので

お医者様と相談し、無理に動かすことはせず経過観察。

一応、お守りの「鎮痛剤」をいただき、飼い主は待機。

翌日は自分で玄関まで行き散歩に行こうとしたので

連れ出したら軽やかに歩き、トイレも済ませました。

そして今日はレントゲン。

蜀咏悄

これは循環器の確認のための1枚。

この年齢としては非常にいいのだそうです。

どこも悪くない。


蜀咏悄

こちらは変形性脊椎症の観察。

かなり進んでいます。

この病気とも8年の付き合い。

未だに歩いたり、調子が良ければ走れることが奇跡なのかもしれません。

先生と話したのは

「この子には、このコルセットがよかったんだろう」ということ。

とりたてて悪いところはなく、天気の良しあしであちこちが痛んだりする。

フツーのおばあちゃん。

これからもゆるゆると、のんびり自由に生活させることができればいいなと思っています。

飼い主として幸せなのは

話しを聴いてくれる獣医さんと出会えて

飼い主として最善の選択を考えさせてくれたことです。

蜀咏悄

今日もカリカリといい音を立ててドライフードを食べるもも。

尻尾がピンとなっているのが嬉しいです。



スポンサーサイト
Category: 看板犬
Published on: Thu,  27 2014 12:39
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

りん子  

泣くってビックリしますよね
どうもなくて安心しました
絵留も自己主張でよく泣くので、泣く声の変化で対応しています
ドライフードも頑張ってたべているですね(^^)v
尻尾も、元気だぁ~\(^o^)/
絵留の尻尾は、平行ぐらいです(笑)

2014/03/27 (Thu) 16:40 | REPLY |   

かなん  

鳴き声

りん子さん、こんばんは。

吠えない、鳴かない犬なので
たまに鳴くと、飼い主、びびりまくりで・・・
検査結果が出るまで、夜、眠れませんでした。

ももは淡々としているんですけどね。

友人の家の柴君が17歳4カ月で亡くなったと連絡があったばかりなので
いろいろと考えてしまいました。

いまだにドライフードを1粒ずつ・・・
最近は「おやつ代わり」に
食べたそうな時に少しずつ食べさせています。
痩せないことも大切だって言われて
なんだか過保護すぎる気もするのですが
仕方ないですよね。

2014/03/27 (Thu) 17:30 | REPLY |   

Post a comment