老犬と暮らす・・・87回目

IMGP3490.jpg

どんよりしています。

今日は週に一度の耳の治療日。

獣医さんに処置してもらっているとき、歯を食いしばり・・・歯ぎしり状態になります。

終わったら、どこにそんな元気が残っていたの?という勢いで

ダッシュで帰ります。

本当に走るんです。

そしてどんより。

今日はまんま夕方までこんな感じでした。

起きてきて、今度はこんなことをしています。

IMGP3497.jpg

あごの下と鼻づらをカシカシ掻いているんですね。

夜寝るときに掻いてあげると、ものすごく気持ちよさそうにしている。

猫の手も借りたいというところでしょうか。


最近の健康状態ですが

減っていた体重が少しずつ戻ってきました。

今月はまだ一度もお泊りをさせていないことが大きいのかもしれません。

あとは新しく飲み始めた漢方薬の効果も。

朝7時頃に起きて散歩。

午前中は飼い主を追いかけたり、ひとりでベランダに出たり。

午後も2時頃まではそんな風に過ごして、夕方まで昼寝。

夜は8時から9時の間に寝室で休んで、飼い主から起こされて朝まで2度くらいトイレ。

こんな感じです。

目の調子はというと、本当に見える範囲が狭くなり

動いていないと認識できない、網戸にもぶつかる状態です。

これは仕方ないのかな。

いまのうちに、自分が生活する範囲をちゃんと覚えておいてもらわないと。



スポンサーサイト
Category: 看板犬
Published on: Mon,  28 2013 19:50
  • Comment: 6
  • Trackback: 0

6 Comments

てん  

はじめまして。
変形性脊椎症から、ももちゃんに会えました。
でも始めてではなく、2年前の柴犬wanで見かけてました。
先月うちの子(10歳)も変形性脊椎症と診断されました。
実はうちの柴犬もこの病名がわかるまで、ヘルニアと診断され、今の7倍ものステロイドを処方されてました。
今まで元気だったのが突然の出来事でなかなか受け入れられず…
そんな時に2年前のももちゃんを見つけ、どれだけ支えられたか…
心配、、不安まだまだ尽きないけど、ももちゃんみたくうちの子にもまだまだ楽しんで幸せにいてもらいたい…
(一気にブログ読みました!!)
これから、ケアしながら前向きに行ければと…
これからもよろしくです~

2013/10/31 (Thu) 18:16 | REPLY |   

かなん  

気長にいきましょう!

てんさん、こんばんは。
早めにわかってよかったですね。
ケアの方法も、今はいろいろあります。

症状が進んだら・・・と、
獣医さんと次の選択肢をいつも準備していますが
例のコルセットを導入してから
あまりひどいことにはなっていません。
向き不向きがあるので、誰にでも効果が出るとは思えませんが
飼い主さんの「納得できる」方法が見つかるといいですね。

10歳ならまだまだ若い!
トレーニングも十分できる年齢なので
気長にこの病気と付き合えるといいですね。

これからもどうぞよろしく!

2013/10/31 (Thu) 20:22 | REPLY |   

てん  

ありがとうございます!
私もももちゃんのコルセット姿を見て、、すぐ担当の獣医さんに相談したところ、
コルセットは楽だけど、本人の筋肉を衰えさせてしまうようで、10歳という年齢だと後2年は自分の筋肉で強化させたいとのことでした。
今日はちょっと具合悪そうで…震えてはないんだけど
なかなかステロイドの量が怖くて減らせません…(一度減らしての再発で!)
今まで出来たことが出来ないうちの子。。不安と心配で、現実を受け入れられない気持ちから逃げ出したくなったりして、まだまだ覚悟ができません。。だめだめ飼い主、、、
変形性脊椎症うちの子の場合、もともとの体質らしく、レントゲン写真で見ると、ほとんどの脊椎の下の部分が真っ白でくっついている状態。
先生もびっくり!!この子小さい時から体硬くなった??って。
うんうん硬かった!!うちの子いくら寒くても犬のくせに、丸まって寝ない。。見たことない。
成長の過程からくっついてきた可能性大らしいのです。
骨がくっついてる事での痛みはないらしく、変形してる骨が神経を圧迫しての痛みらしく
それでも、今まで何事もなく来れたのは、血液検査で骨の病気のわりに骨密度がよかったお陰らしいのです。。
とりあえず、痛いのを見てるのは辛いですよね。。。
。。これからもいろいろ参考にさせていただいたりして、がんばります。。

2013/11/01 (Fri) 15:23 | REPLY |   

かなん  

てんさん、おはようございます。
「ステロイド」、魔法の薬ですよね。
痛みも止めてくれるし、痒みもとってくれる。
私もかつては「痛い」と鳴くのが怖くて
ステロイドを手放せませんでした。

その何年かを経て、ようやくたどり着いたのが
飼い主が「痛みとの付き合い方」を少しだけ「慣れる」ことと
コルセットでした。

ほんと、時間はうんとかかりましたよ。

飼い主さんが笑顔でいられると
わんこも安心するようなので
それも「薬」になると思っています。

寒くなる季節、心配ですよね。

冷やさないように、わんこともども
飼い主も元気で過ごしましょう!!

2013/11/02 (Sat) 08:21 | REPLY |   

りん子  

絵留もよく、こんな感じで、カシカシ掻いてますわ~
体重が戻ってきて良かったですね
フードは変化なしで、戻ったのかしら?
それと、新しく飲み始めた漢方薬も、教えて頂けたら嬉しいです(^^ゞ
絵留も頑張って食べてはいるんだけど、なかなかね。。。

2013/11/03 (Sun) 15:00 | REPLY |   

かなん  

りん子さん、こんばんは。

フードはいつものです。
それからホットミルクもいつも通り。

新しい漢方薬、からだを温めるものだそうです。
名前、きいておきますね。

でもね、本当におばあちゃんになりました。

怖いけど、可愛いです。

2013/11/04 (Mon) 23:40 | REPLY |   

Post a comment