老犬と暮らす・・・86回目

_IGP3421.jpg

犬はヒトのいろいろな思いを感じ取る動物・・・と思ってます。

飼い主の感情の起伏、飼い主の立ち居振る舞いで
ももは飼い主の後ろをついて回ったり、足元で静かに座っていたり。

今週の月曜日は変な一日でした。

いつも通りの朝のはずが、本当に落ち着かずに
玄関に行ってみたり、飼い主を見上げたり。

来客中は比較的静かでしたが
その後は、なぜか窓辺にむかってたたずんでいました。

トイレかと思って、散歩に連れ出しても家に帰りたがる。

夕方ようやく落ち着いたので
病気でふせっている伯父に電話して・・・
電話を切って1時間もたたないのに伯父の訃報が。

伯父がひとりで旅に出るのが淋しくてももをおともに連れて行こうかと
様子を見に来たのかもしれません。

昨日日帰りで伯父のもとへ。
飛行機の窓からみた富士山は帽子をかぶっているようでした。

最近は外出の時に帽子をかぶることが多かったらしい伯父を思い出しながら移動。

台風が近づいているので、昨夜のうちに帰宅。

家に戻ったら、いつもは寝ているおばあちゃん犬なのに
窓辺に向かって起きて座っていました。

飼い主が荷物を置いて座ると、安心したのか
いつもの場所で眠り始めました。

全部飼い主の勘違いでしょうが

犬って、そんなふうに癒してくれる存在でもあります。





スポンサーサイト
Category: 看板犬
Published on: Thu,  24 2013 12:30
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

しば  

しばらくぶりです。

ブログへコメントをしていただいたのに、お返事できなくてごめんなさい。
気持ちが少し落ち着きました。
少しずつですが、ブログを更新していきます。よろしければ、これからもよろしくお願いします。


そして、私も今回老犬さんの旅立ちで我が家の柴さんの不思議(?)な行動を経験しました。ブログに書いてあります。
モモちゃん、何か感じていたのでしょうね。
きっと、モモちゃんは「わたしはまだいかない。」と伝えていたのかもしれませんね。
わんこには不思議な力がありますよね。
私は、今回老犬さんの事で不思議な経験をして「全部飼い主の勘違い」とは思いませんよ。

2013/10/24 (Thu) 17:48 | EDIT | REPLY |   

かなん  

こんにちは

しばさん

整理のつかない気持ちもあったりしますが

今、生きているいのちを大切に守って暮らそうと思います。

寒くなりました。

お互い、体調に気をつけましょうね。

2013/10/25 (Fri) 16:24 | REPLY |   

Post a comment