老犬と暮らす・・・34回目

P1070165.jpg

1泊2日で出張の予定が
気が付いたら4泊5日の長丁場(ももにとってはね)

獣医さんの好意に甘え
延長で預かりをお願いし、経過を観察。

昨日、無事迎えに行ってから
へばりついたまま、離れたがりません。

病院で過ごしているときの様子をレポートでいただきましたが
4泊が限界のようです。
朝から泣き、座らず、遠吠えをする。
安定剤を投与するも、寝る様子はないらしい。。

昨夜も抱っこしたり、添い寝しているときは眠っていますが
私が離れると探しに来るので、スリングに入れて抱っこのまま
家事をしたり、食事をしたり。

年をとると、いつもの生活が心地いいに決まっているから
あまり環境を変えずに、今回のような「不測の事態」を
乗り切る工夫も必要かな。
スポンサーサイト
Category: 看板犬
Published on: Sat,  21 2012 09:25
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

りん子  

長い出張だったのですね(T_T)
ももちゃん、さすがに辛いかったね
こうしてくっついていると安心だもんね~
これからの、離れている時間が、本当に心配だけど、環境が難しいですもんね。。。
乗り切る工夫の案ってありますか?

2012/07/29 (Sun) 18:06 | REPLY |   

かなん  

工夫・・・

りん子さん
こんばんは。
うちは獣医さんのところに預けているので
日常的に獣医さんのところになるべく通い
ここに少しの間泊まっても
必ず私が迎えに来る・・・ということを
信じてもらえるようにしています。

それからできる限り
日帰りですむように仕事の時間を工夫しています。

難しいですね。
本当に。

解決策は見つからず。

ももの忍耐に頼っているのが現状です。

2012/07/29 (Sun) 20:50 | REPLY |   

Post a comment