老犬と暮らす・・・12回目

そろそろ本格的に寒くなり
炬燵をだしました。

IMG_0120.jpg

すると・・・すぐに中に入り
ぐっすり。
中から「イビキ」が聞こえてきます。

IMG_0121.jpg

ただ時折起きてきては、飼い主の所在を確かめ・・・

IMG_0122.jpg

そして仕事をしている飼い主に安心して・・・

IMG_0123.jpg

また寝てしまう。

こうして眠っている時間が長くなるのも「老化」のひとつ。

夜もよく眠り、朝は起こすまで起きてこないし

のんびり、安心して過ごしてくれているようで

飼い主としては喜ぶべきことだと思うのですが

こんなに安定していると、また少し不安になったりして。

これから時々出張で遠出をします。

日帰りできるときは、獣医さんと相談して薬を飲ませてお留守番。

どうしても帰ってこれない場合は、安定剤を服用させ

獣医さんのところで待つことになります。

本当は家でシッターさんにお世話してもらうのがよいと思うのですが

なかなか安心して「鍵」を預けることができません。

難しい・・・ですね。
スポンサーサイト
Category: 看板犬
Published on: Sat,  26 2011 12:41
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

りん子  

寝る時間が長くなるのも「老化」のひとつって、やっぱりそうなんですか?
絵留も寝てばっかりですもんね~
ももちゃん、コタツに出入りするのですね。
我が家には無いので、寝る時ぐらいは、私達の布団にもぐり込んで欲しいのですが、いまだにまだなんです(-.-;)
寒さわ感じないってこと有ると思います?
出張は、ご心配ですね…
獣医さんしか仕方ないとは言え、不安なの解ります。
どうしたら良いのかしら…

2011/11/27 (Sun) 19:03 | REPLY |   

かなん  

おはようございます。
出張から帰ったら、こたつの中で寝てました。
「もも」は眠るときも、布団の中でへばりついて眠ります。
これも「老化」のサインだそうです。
ただ・・・「もも」は子供のころから一緒に寝ているので
あまり変わらないのかな。

犬もそろそろ寒さを感じるらしく
散歩に出るとき、玄関でブルって震えていたり。

年齢に応じて、いろいろな気遣いが必要になるのでしょうね。

年内は、あと2回ほど出張があるので
なんとか機嫌よく乗り切ってほしいなと思っています。

2011/11/28 (Mon) 06:43 | REPLY |   

Post a comment