老犬と暮らす・・・11回目

P1020853.jpg

風邪をこじらせて、5日間、寝込みました。

朝夕の散歩はできる限り出かけましたが

遊んだり、かまったりはできずに、ただひたすら眠りました。

こんなとき、うちの犬は何をしているか。

横に潜り込んできて、うれしそうに、

手のひらとか、顔とかを嘗めながら

眠ってしまうのです。

そして飼い主が活動を開始する時間まで

ひたすら横に寄り添っています。

6日目の今日、ようやく熱が平熱になったので

窓を開け、布団を干して、洗濯物を片づけ

一通り家事を済ませて、リビングに戻ったら

やっぱり寝ている・・・

看病しているときよりは、うんと気楽に寝ている雰囲気があります。

うちのように単身で犬を飼育している人の悩みは

「寝込んだときにどうしよう」、これがいちばん大きいと思うのですが

今は犬のお散歩を代行してくれる方もいるので

うまく利用するとよいでしょうね。

うちのは散歩も好きじゃないし、よその人はもっと苦手。

だから飼い主が寝込んでも、あまり人に頼らずになんとか解決する方法を考えないと。



スポンサーサイト
Category: 看板犬
Published on: Sun,  13 2011 17:22
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

りん子  

ももちゃん、優しいですね♪
絵留は私が風邪を引くと、きっと息の匂いが違うのか、
熱っぽいのか、逆にあまり近づきません(-.-;)
ももちゃんは、気遣っているのですね♪
私も一度入院をしました。
その時に思ったのは、絵留を一人でおいて置くことが、どれだけ悲しいか…
その時は、実家の親に来て貰ったりしましたが、
絵留が居る間は二度と入院はしないと思ったの。
何か有っても自宅で処理して貰おうって(^^ゞ
傍にいるだけで、安心なんですものね。

2011/11/14 (Mon) 22:17 | REPLY |   

かなん  

そうですね。

でもこうしてブログを通じてりん子さんに知り合えたように
たくさんの方々と、つながっている感覚が
本当に心強いなと思います。

みんな似たようなことで悩んでいるけど
リアルに近い人には話しにくいこともあったり。

本音を言える場所がないと
これからの「老犬」との日々は
つらいこともあるかもしれません。

それでも老犬との日々は
楽しく、彼女の表情がいとおしくもあり。

肩ひじ張らずにがんばりましょ!!

2011/11/16 (Wed) 08:52 | REPLY |   

Post a comment