犬と暮らす・・・3回目

IMG_0005.jpg

今、「もも」と飼い主はリビングにおねしょ布団をひいて休んでいます。

ヒトの赤ちゃん用の防水処理を施したお布団です。

なぜか。

薬を飲んでいると水を大量の摂取し、おしっこに間に合わなくなる瞬間があるのです。

おばあちゃん・・・だからではなく、夜飲ませている分離不安解消の薬のおかげで

ぐっすり眠ってしまうから。

本人が気がついたときには、もう間に合わないタイミング。

結構笑えるのは、犬も「おねしょは恥ずかしい」らしいこと。

必死にその場を繕うような態度でふるまう。

そこがまたかわいい。

若いころもかわいかったのですが、

最近ほんとうにかわいいなと思う瞬間が増えてきました。

これから「徘徊」とか「遠吠え」とか

そういった痴呆の症状が出始めたら

こんなのんきなことは言っていられないのでしょうが

今はまだ、かわいい柴犬・かわいい老犬との暮らしを単純に楽しみたいと思います。

変形性脊椎症の症状は

先生と相談して装着してみたコルセットと

最初にガツンと投与した薬のおかげで痛みは薄れたようで

現在は最低容量のステロイドを2日に1度の服用で経過観察中。

コルセットであまり自由に動けず

安静状態で過ごしているのが、よかったのでしょうか。

今の状態をゆるやかに

年をとって出てくる体のガタピシを騙しだまし

ゆるゆると暮らしていけるとよいのですが

そんなにきっと甘くはないのもわかっていますので

次の一手を考えているところです。


スポンサーサイト
Category: 看板犬
Published on: Fri,  30 2011 21:35
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

りん子  

初めまして。
同じ14歳の柴と暮らしている私です。
変形性脊椎症も、今年診断されました。
今は、落ち着いているのか、痛みが我慢できるのか、見守ってます。
ももちゃん、頑張っているんですね。
絵留も今からの事は不安ですが、ゆっくりと過ごしていきたいと思ってます~
今後も見させて頂きますね~♪

2011/10/05 (Wed) 17:27 | REPLY |   

かなん  

こんばんは。
コメントありがとうございます。

年齢的にガタピシ、いろいろ出てくるようですが
いろいろ悩みつつ、試しています。
歩けなくなるのが一番かわいそうなので
そうならないよう、甘やかさず、無理させず。

同じ速度で年をとれたらいいんですが
向こうのほうが速いから

今後ともどうぞよろしく!

2011/10/05 (Wed) 23:23 | REPLY |   

Post a comment