難聴

P1010557.jpg

うすうすは感じていましたが

やはり「もも」ちゃん、耳があまり聴こえなくなったようです。

気配だけを頼りに飼い主を捜し、体を寄せることで安心感を得ている。

確信したのは今日のお昼のことでした。

火災報知機が誤作動し、何度も大きな音がしたのですが

全然気にもしないし、寝てしまう。

かかりつけの獣医さんとも話しましたが

やはり「聞こえにくくなっている」のだと。

8歳になったときから、老化に良いと思われるサプリメントを何種類も使って

月に2度は獣医さんのところで身体の様子を見てもらう・・・

だから今の状態が維持できているのかもしれません。

今夜も「台風」が気になる飼い主の横で

ぐっすり眠っています。

ちゃんと呼吸をしているか、時々確かめているのは変ですよね。

それでも寝ぼけて脚をジタバタしているときに

手のひらを足の裏にくっつけると、静かに眠るんですよ。

過保護でしょうか。

スポンサーサイト
Category: 看板犬
Published on: Wed,  20 2011 03:37
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment