老犬と暮らす・・・130回目

今年も自分の足で獣医さんのところに歩いて行くもも。診察中は情けない顔をしていますが終わるとすっきり。ダッシュで帰ります。家に帰るとお水をがぶ飲み。お気に入りの場所で干物のように・・・そして朝。散歩の準備ができると、迷いながらも自力で玄関に移動。歩いています。ももが歩いていると、ご近所さんがでてきて「元気でよかった」と声をかけてくれます。ありがたいですね、飼い主の見守りもしてくれているのかも。17歳の...

老犬と暮らす・・・129回目

今年最初の獣医さん。体重を量り、痩せていないことを確認。全身の状態も良好とのことで、食事の変更について相談しました。そろそろ消化する能力が衰えてきておりドライフードをそのまんまという形態では難しくなっているのです。そこでおなかを壊したときに食べさせていた高消化性のものをお湯でふやかしたドライフードとともに与える方法で少しの間様子を見ることに。本人は気に入ったようで、食いつきもよくおなかの調子もgood...

老犬と暮らす・・・128回目

あけましておめでとうございます。いつもと同じ朝を迎えられた幸せ。ももは昨夜も静かに眠りました。日ごと、衰えて行くももですが穏やかな日々を送ることができるよう努力したいと思います。今年も老犬ともどもよろしくお願いします。...