老犬と暮らす・・・58回目

ももを眺めていると年をとること・・・の意味を考えてしまいます。 昨日できていたから今日もできる、 そんなことは人間でも求めてはいけないのかもしれないし昨日できていたことが、今日もできた、よかった・・・これが最近の本音です。 人間の子供であれば、駄々をこねたり反抗したり家出したり・・・ももは飼い主にすがりつくしかできない。過度の擬人化は必要ありませんがでも家族だから、できる限りのことはね。 以前、知り合...

老犬と暮らす・・・57回目

14年ほど前に撮影してもらった写真です。当時住んでいた中目黒に近い場所にある西郷山公園でのひとこま。「もも」との暮らしをスタートさせた中目黒ではたくさんの犬友に仲良くしてもらいました。なかでもいちばん印象に残っているのが犬OKのカフェをやってらっしゃるラブの飼い主さん。お休みの日は、そこでブランチをいただくのが習慣になるほどよく通いました。ラブも、「もも」と半年違いの年齢だったので湘南に引っ越してから...

老犬と暮らす・・・56回目

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。15歳と半年、めっきり老けこんできた「もも」ですが今年のお正月は何事もなく、穏やかにのんびり過ごしております。世の中がお休みの時、とうぜん獣医さんもお休みでびくびく過ごしていましたが、今年のお正月はそんな不安を感じることもなく、たんたんと年越しをしました。痛みが出た時の対処を、飼い主がきちんと学んだことが大きいと思います。あとは・・ERの存在...