老犬と暮らす・・・55回目

今年も大病をすることなく、ゆるゆると暮らすことができました。昨日できたことが今日できなくても、当たり前。そう思いつつ・・・毎朝起きて、ご飯を食べて、水を飲んで・・・そんなことが介添えなしにできる幸せ。いろいろな方に支えていただきました。いつもお願いしている獣医さん時々セカンドオピニオンが欲しくなったときに応えてくれる友人朝夕の散歩のときに声をかけてくれるご近所さんそして「もも」本人が、用心深く生き...

老犬と暮らす・・・54回目

ここ最近、飼い主が仕事で外出するため昼間、こたつの中で眠って待っている「もも」ちゃん。夜、眠れません。2時間おきに起きて、遊んで、水を飲んで・・・トイレして。明け方ようやく眠くなるらしく、朝の10時にこの調子。早くもとのペースに戻してあげないと。目が覚めると犬ミルクで「おめざ」それから食事です。15歳をこえて「痩せたらいけない」と先生からも聞いていたのでいろいろ工夫をしていますが、少しずつ筋肉が落...

老犬と暮らす・・・53回目

怒っているわけではありません。寝起きのとき、「ケッケッ」と喉のイガイガをタンで出そうとするおじさんみたいな声と顔をします。怖いです・・・寒くなって、トイレが近くなりだいたい2時間おきにトイレに起きます。どかどかと布団から出ていくので飼い主も気がつくのですが、まずトイレをして耳をかいて、それから水を飲む音がする。そうして布団に戻ってきて、中に入れろと飼い主の顔を鼻づらでつつきます。何がうれしいって、...