老犬と暮らす・・・52回目

今日はいつもの獣医さんのところに歩いて行ったもも。天気が良かったのでご機嫌でした。午前中の最後の予約だったのですが急患の方がいたのか、超満員。でも・・・ほとんど高齢犬。看護師さんに伺うと、本当に高齢の患者さんが増えているとのことでした。・・・偶然お話ししたのは10歳のトイプードルのお母さん。ずっとてんかんの治療をされている方でした。お互い、老犬と暮らす苦労も楽しみも、なんとなく想像がついているでもも...

老犬と暮らす・・・51回目

本格的な寒さ到来。あわてて炬燵を出しました。これさえあれば(電源は切ったまま)、ももは平和なのです。飼い主が不在の時、この中でまどろみながら待つことができる。今日は寒かったので、湯たんぽもお伴に入れました。暖房のつけっぱなしは、停電の時に寒さを防げないし家の中で待つのであれば、これで十分だと思っています。飼い主がのぞくと、こんな風に慌てて出てきますが・・・一日の中で、いろいろな表情を見せてくれます...

老犬と暮らす・・・50回目

寒くなると、ボアのシーツと毛布(これは10年以上使っている)にくるまって眠ります。毛皮を着ているくせに、寒がりなんですね。今週は、飼い主が仕事で出かけたため3日間獣医さんのところで過ごしました。想像していたよりうんと「我慢」していたらしく帰ってきたら爆睡。枕が変わると眠れない犬なのかもしれません。こんなことができるのも、まだ元気でいてくれるから。本当に感謝です。今朝の散歩は、いつもよりうんと元気で距...

老犬と暮らす・・・49回目

朝、寒くなってきて早い時間の散歩を嫌がるようになり陽が昇り、あたたかくなった時間帯に歩きます。これは近所のベンチでの休憩。来年も紅葉を一緒に見られますように。散歩から帰って朝ごはん。大量のサツマイモ、これはふかしてあります。つぶして、少し冷まして、朝ごはんのおともに。腰が痛むとまずいので、あまり「踏ん張らず」うんPができるよう時々こんなおやつも食事に取り入れています。現状維持のために取り入れている...

老犬と暮らす・・・48回目

急に寒くなりました。我が家では、「もも」が乾燥するとかゆみや、喘息のような症状が出るため加湿器を使います。今年もそんな季節の到来です。そして昨日の夜昼間はいつものように淡々と過ごしていた「もも」ですが夜、9時半ころから家の中を徘徊し始め時折暗いところでじっとしている。それから飼い主の布団を掘り始めて、おしっこをちびってしまう。一か所に長く座っていることができない・・・2時間ほどそんなことが続いたの...