老犬と暮らす・・・31回目

いつもの場所でいつもの朝耳の中が少し腫れている以外はとても調子がよい「もも」ちゃん。食欲もあり、夜は8時頃になると寝室の扉の前で飼い主を眺めています。犬でも・・・昼寝する場所と、夜眠る場所は違うんですね。この感覚がある間は、安心です。昨夜は、原発再稼働に反対するデモに参加した友人のツイッターなどを見ながらこれから日本はどこに向かうんだろうそんなことをぼんやり考えていました。私は宗教と政治には興味が...

老犬と暮らす・・・30回目

ようやく痛みから解放されたももちゃん。フツーの生活をしております。ただ「低気圧」さんが怖い。それから今年一番怖いのは予期せぬ停電。飼い主が外出中はエアコンの効いた部屋で留守番をしていますがもし、万が一停電になったら・・・年をとった犬の心臓には耐えがたいかもしれない。計画された停電であれば、獣医さんのところでステイするなり方法はあります。しかし・・・そうじゃない場合、対処できないかもしれない。そこで...

老犬と暮らす・・・29回目

金曜日の夜あたりから体調がイマイチな「もも」。最初は「ボケ」が始まったと思いましたがどうにも低気圧がいたずらをしているらしい。昨日はいきなり泣き叫び、病院に行って診察しましたが特に何か異常は見当たらない。ただ先生曰く・・・病院に来ると緊張から痛みを見せないこともあるそうで・・・鎮痛剤の処方をしていただいて帰宅。直後、泣き叫んで痛がるので投薬。薬が効くまで4時間ほどかかりましたがその間、ずっとスリン...

老犬と暮らす・・・28回目

ここ数日、おねしょが続いています。気圧の谷のせいにしたいところですが・・・本当はどうなんでしょうか。ただはっきりしていることは「体内時計」が狂うらしくふだんとは違うところでぼんやりしたりしています。本人が一番とまどっているはずなのでそのケアをしたいのですが、犬にはなにがいいんでしょうか。側にきたらギュッと抱きしめてあげる。そうすると安心した顔をするので、たぶん効果はあるのかな。抱っこしたり抱きしめ...