老犬と暮らす・・・16回目

飼い主不在のため2泊3日、獣医さんのところで過ごし自宅に戻った直後の「もも」です。家の中をひとしきり確認し、走り、くんくんと鳴き疲れ果てるまでそれをさせると、また腰が痛くなるので獣医さんがあらかじめ「安定剤」を飲ませておいてくれました。それでも2時間ほど、いつも以上にアクティブな「もも」でした。そして・・・飼い主が昼寝のまねをすると、おなかのところにきてくるくると丸まって眠ります。これでもう大丈夫...

老犬と暮らす・・・15回目

昨夜、いつものように散歩をして、いつものようにご飯を食べてそこからが「いつものように」はいかずグズグズとぐずる老犬。ネットなどで「痴呆かな?」と思う症状として挙げられている以下の項目。  ●昼と夜が逆転し、明るい昼間は寝ていて夜に起きている ●夜になると意味もなく大きな声で鳴く ●トボトボと歩く、徘徊する ●飼い主さんや家族のことがわからない、区別がつかない ●歩いていて壁に頭を当てる、隅っこに頭だけを入れ...

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。「もも」と迎える平和なお正月。ご先祖様に感謝して、今年一年、努力をしたいと思っております。さて「もも」ちゃんは昨夜、今年初めてのおねしょ・・・間に合わなくなるんですね、年をとると。そして申し訳なさそうに飼い主を起こして、新しいシーツにくるまります。その後見た「初夢」は、スリングに入った「もも」をかかえて町を歩くといった平凡なもの、うれしかったです。なるべくたくさんの...