良いお年を

大掃除をしていたら、久しぶりに「もも」が掃除機に挑んできました。耳が遠くなってから、ほとんど無視していたくせに今日はとても好戦的でした。こんな小さなことも、彼女の体調の良さだと嬉しくなります。そして終わったとたん近すぎる…といっても聴こえないふり。何度も何度も、遠ざけて、何度も何度も戻っていく。温風が気持ちいいのか、寒がりなのか。来年もへなちょこおばあさん犬と二人六脚、頑張りたいと思います。そして...

老犬と暮らす・・・14回目

朝起きて、まずガスファンヒーターの前に行き近すぎると飼い主から引き離されるまでこんなふうに座っています。そして散歩。散歩道に落ちている松ぼっくりが大好きな「もも」は持ち帰ろうとしますが年のせいか、途中であきらめる回数が増えました。それでも自分の意思で歩いてくれるだけで十分です。来年もいっしょに松ぼっくりで遊びたい・・・そんなことを思いながら。散歩から戻るとお昼寝布団に直行する「もも」。時にはこんな...

Wan1月号 柴犬特集

Wan1月号「柴犬」特集号に掲載されました。親ばか全開で、お恥ずかしい限りです。1冊まるごと柴犬だらけ。我が家は実家の親が喜ぶので大人買いして、親戚にも送ります。これがお歳暮か?としかられそうです。...

老犬と暮らす・・・13回目

とある日の朝です。ワニと寄り添っている横にシャチを連れて行っても気にせずウトウトしています。本当に穏やかな、穏やかな朝です。耳が聞こえにくくなったり飼い主が家にいる時間が長くなったり生活が少し変わったことに、半年かけて慣れてくれたようです。年をとると、現状維持がいちばん大切と考えていますが時折、飼い主が出かけることが彼女にとっては容認できない事態。飼い主も戻ってくるまで、彼女の体調が心配で仕方ない...