いのちはみんなつながっている

千石先生の遺作が出版されました。本人が最後まで気にかけ、手を入れた原稿。写真までは準備ができず、自然研(先生と私が所属していた会社)の仲間と動物園、虫やさん、たくさんの生物関係の仲間が手伝ってくれた作品です。タイトルは「つながりあういのち」先生の講演は「いのちはみんなつながっている」と題することが多かったのですが同じタイトルですでに1冊出版しているので今回は少し変えました。読んでいると、先生が横で...

母の日に

老犬が月に一度のシャンプーから帰ってきてなにげなくテレビをつけたら「母という生き方」というドキュメンタリーをやっていました。人間のお母さんにはなれませんでしたがうちの老犬にとって私は・・・番組はもうすぐ仕事復帰するディレクターさんの企画・撮影。久々に、こころに響く番組でした。...

変わったこと

毎日、仕事をしている机です。この机、カフェかなんで中央に置いてあったテーブル。質感が好きで、結局仕事用にしてしまいました。カーテンの向こう遠くには湘南の海、富士山などが見えます。こんな環境で仕事をしても能力が足りないせいか、遅々として進まず。3月11日を境に、私の中でいろいろなことが変わりました。優先順位と呼ばれるものや、大切にしたいもの。あの日も、今も、変わらずたぶんいちばん最優先に考えているのは...

桜そして地震酔い

今年も桜を見ることができました。一枚目は鎌倉二枚目は筑波きれいでした。ただ・・・筑波で桜を見た帰り大きな余震があり、電車が止まって怖かったです。大きめの余震が来たあとは、相変わらず体調が悪くなるのが、困りますね。「地震酔い」、テレビでお医者さまが解説していますがいつも少し揺れているような気がして、頭が痛くなり吐き気、食欲不振等々、症状は様々だそうです。そんな飼い主を知ってか知らずかうちの老犬は震度...

少しの間・・・

余震が来ても穏やかに眠る我が家のお姫様このこにとって「家」で眠ることが、なによりの幸せで多少のことは気にならないのでしょうか。飼い主のほうは脆弱で、垂れ流される震災のニュース映像にすっかり弱ってしまい、涙が止まらなかったり、胸が苦しくなったり。開業している「獣医」さんに、そんなことをつぶやいたら「みちゃだめだ」と注意されました。想定外の恐怖と、日夜テレビから鳴り響く警報に神経がまいってしまったので...