FC2ブログ

スポンサーサイト

老犬と暮らす・・・最終回

ももが旅立ってから日常が日常でなくなり摂食障害と睡眠障害に陥りました。なんとか抜け出そうと神奈川県動物保護センターで活動するボランティアさんのお手伝いに行ったりしましたが、保護されている犬の多くが高齢の柴犬だったりで悲しくて悲しくて・・・ただ・・・両親のペットロスはさらにひどく彼らの医療関係者とも相談し里親になることにしました。名前はシャイン年齢は9歳7カ月アクティブシニアと言う表現がぴったりのわん...

老犬と暮らす・・・196回目

ももが旅立って1カ月が経ちました。直後は、平然と暮らしていたつもりでしたが実際はペットロスで、ブログの更新も、手掛けている老犬介護の本も全然できず。老犬に関するものを読むと号泣してしまう自分でびっくりするくらいの症状です。ブログを介して知り合った老柴介護仲間と赤坂の神社にももの御礼まいりに行ったり仕事の環境を変えてみたりいろいろ努力はしていますが20年一緒だった娘がいないと言う現実は本当に過酷なも...

老犬と暮らす・・・195回目

ももが旅立ち2週間まだいなくなった実感がなく、いつもいつも、その影を探してしまいます。家のなかは、かなり重篤なペットロスに陥った89歳の母と感情表現が下手な92歳の父が、毎日毎日、もものことで口げんか。祭壇を片付けろ嫌だお骨は家に置くな嫌だ悲しみ方はそれぞれですが両親のそれは、本当に見ていて痛ましい。私自身、ゆっくり悲しむ時間もなく目の前にある問題を片付けていくことに必死で自分のやるべきことに、手をつ...

老犬と暮らす・・・194回目

ご報告です。2018年1月27日5時20分柴犬もも、飼い主の腕のなかで天寿を全うしました。20歳と5カ月12日目の朝でした。正月明けから少しずつ弱り始め、26日の朝には食欲がなかったためいつものように獣医師さんのところに行き先生に美味しいフードを見せられると思わずパクリと食べてしまうくらいの元気はありましたが・・・旅立つまでの5時間飼い主の腕のなかで眠ったり、甘えたり甘酒を飲んだり最期の時は、小さ...

老犬と暮らす・・・193回目

遅くなりましたが今年もよろしくお願いいたします。20歳のもも、お正月を無事迎えることはできましたが・・・1月2日を最後にももはうまく歩けなくなりました。本当に・・・いきなり歩けなくなりました。用事がある時は泣き方を変えて教えてくれることもわかりようやく生活が落ち着きを取り戻しまるで生まれたての赤ちゃんの世話をするようにももとの時間を過ごしています。しかし・・・食欲はすごくて、今年初めての動物病院。計測...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。